So-net無料ブログ作成

錦織圭さんの選んだ腕時計

アスリートの腕が大切な広告スペースなっているという話を以前聞いたことがあります。



今回の全米オープンで改めて世界にその実力を見せつけた錦織圭。

実は世界に誇るテニスプレーヤー、錦織圭もまた、腕時計を着けて試合をしていたんですね。

けれども、彼の場合、契約をした後で腕時計をつけるようになったアスリートとはちと、

事情が異なるわけです。



彼はジュニアの頃から腕時計を着けたまま練習していたので、

それが今日まで習慣になり、プロになっても腕時計を着けたまま試合をしていたんです。


錦織.png

 

幼少期の写真を見ても、昔の映像を見ても、トレーニング中は当然、

マッサージを受けている最中も腕時計を外さないそうです。



彼にとっては腕時計があること自体が日常なのですね。


2007年のプロデビュー以降の彼の写真を検索してみると、

実にさまざまな腕時計を着けているのが分かります。

衝撃に強いデジタルウォッチの時もあれば、ポップなグリーンのデザインウォッチの場合もある。

色にはこだわりがあるようで、2011年の全豪オープンでは、

赤いラインが入ったウェアに合わせて赤い時計を着用していたんです。


つまり彼は、我々がファッションアクセサリーとして時計を選ぶ感覚で、

試合中につける腕時計を選んでいるということ。

魅せることも、相当意識しているのでしょう。
 



若くて爽やか、しかも実力も兼ね備えた、

腕時計も好きというアスリートに、ブランド側が目をつけないわけがないですね。



タグ・ホイヤーと契約を結ぶ際に、錦織圭が試合で着用するために

選んだのは「プロフェッショナル スポーツウォッチ」でした。



タグ・ホイヤーのコレクション最軽量なので、着用しながら激しいスポーツができるという、

まさに錦織圭のために存在するようなモデルなんです。





 最大の特徴はバックルと時計ケースが一体化していること。

 ケースの後ろ側を開いて着脱する仕組みなので、手首への負担が少ない

 さらにストラップは柔らかくて肌当たりの柔らかいシリコンラバー製。

 衝撃に強いクオーツムーブメントを使用することで、”Air Kei”と呼ばれるフォアハンドの

 ジャックナイフ(前足で飛んで空中で強いボールを打つこと)の

激しい動きにも耐えうる逞しい腕時計である。


さすがにスーパーアスリートは選ぶ時計も違いますね。






タグ:腕時計
2014-09-10 | 共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © gocyanブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。